期間工ブログ連盟@日本アルプス工場

日本アルプス工場(仮)で働く期間工ブログ連盟

岡山県から出発!!新生活を迎えよう!!【寮完備求人をまとめてみた!!】

 岡山県で求人をお探しでしょうか?もし住み込みの寮がある求人を探されているようでしたら、ぜひ「期間工」を候補に加えてみてください。期間工は企業からの直接雇用により一定の期間はたらく職員のことです。派遣などを介さないことによって報酬や福利厚生がとても手厚いことに加えて、寮に住みこむことができるという大きなメリットがあります。そんな期間工のことを、寮についての情報を中心にまとめてみました。

  

【生活費が破格に・・・】住み込みできる寮を紹介!!

出典:https://toyota-kikankou.net/ryou.html

 こちらの画像はトヨタ自動車工場にて期間工として働いている方々が住む寮の写真になります。想像よりもかなりきれいだと思われるのではないでしょうか?冷蔵庫、冷暖房、テレビなどの一般的な家電などは、基本的な設備はだいたい揃っています。住み込みに向けていろいろと買いそろえる必要はないと思います。

 期間工を募集している企業はトヨタといった大手の自動車メーカーなどが多く、従業員の数も多いことから、寮の施設が非常に充実しています。場所によってはマイカーを持ち込めたり、サウナがついていたりと驚くほど快適そうな寮がたくさんあります。通勤に不便なほどに職場から離れているというケースはあまり聞かず、駅から歩いて数分などアクセスの良い居場所に所在していることも少なくありません。寮のある仕事は他にもありますが、ここまで環境が良いところはあまりないかと思います

 そんな寮で暮らせる仕事内容とは?!

  さて、そんな期間工の仕事ですがあまり馴染みのない方もいるかもしれません。先ほども少し述べましたが、期間工は契約社員の形態の一つです。製造における工程の一部を担当し、生産ラインを管理することが主な仕事です。例えば大きな機械によって圧力をかけ、素材をいろいろな形に加工する「プレス」。別の素材を熱や圧力を加えることで繋げる「溶接」。各パーツに色をつけていく「塗装」。それぞれ工程を終えて完成した各パーツを組み合わせて車の形にしていく「組立」。最終的に出来上がった車に不備がないかを調べる「検査」といった内容になります。

 もちろん経験者は優遇されますが、「未経験の方でも歓迎です!丁寧に指導いたします」といった内容で求人が出されていることもあり、経験がなくても採用されることもよくあります。岡山県でも期間工の募集は行われており、例えばスバルの工場が求人を出しています。ぜひ募集要項などについて調べてみてください。

 

《落とし穴!》寮完備求人での注意点!!

  基本的には快適で不便はない寮での暮らしですが、メリットばかりというわけではありません。条件は企業や場所によって様々ですが、完全にワンルームというわけではなく、3~4人で同じ部屋に住むということもあります(個人のスペースはありますが、水回りや玄関などは共通など)。また寮の費用も無料のケースが多いですが、一部支払わなければいけないところなどもあります。住む寮や部屋を自由には選べなかったり、周辺に意外とコンビニや飲食店といった施設が少ないという落とし穴があることもあります。もちろん普通に家を借りるよりも手間は少なく、生活費も抑えられますがこのあたりのデメリットも把握しておかないと、後々困ることになるかもしれません。

 期間工として働くならば長い期間住むことになるので、このあたりは大事なポイントになると思います。勤めてからのギャップを減らすためにも下調べは入念にお願いします。

 

 寮完備の求人なら期間工がNO.1!!

 期間工の仕事の良さは寮の住環境が素晴らしいだけではありません。日雇いのアルバイトよりも待遇がとてもよく、報酬面に加えて社会保険など福利厚生がしっかりしていること、入社祝い金や満了慰労金など各種手当がとても充実していることが特徴です。短期間で驚くほど稼ぐ方も多くいらっしゃいます。

 だからといって仕事がそこまで辛いということもありません。確かにオフィスワークなどに比べると体力的に厳しいかもしれませんが、健全に働いている方もたくさんいらっしゃいます。特定の期間いることが約束されている従業員は企業からしてもありがたい存在のため重宝されているというだけです。

 住み込みの寮付きの求人でここまで好待遇な案件は少ないと思います。専門の派遣業者が様々な情報を提供してくれるので、それらも参考にしてみてください。

 【まとめ】

 期間工というお仕事について、寮のことを中心に待遇や魅力などについて説明させていただきました。条件が合えばとても良い働き口ですが、認知度が意外と低く残念に思います。もし本記事を読んでご興味がわきましたら、ぜひ一度「期間工」の求人について検討されてみてください。きっと損はないと思います。