期間工ブログ連盟@日本アルプス工場

日本アルプス工場(仮)で働く期間工ブログ連盟

【給料・合格対策まとめ】工場の期間工から正社員になる!



突然ですが、質問です。



現在、期間工になろうと情報を集めている方、実際に工場で働いている方。



みなさんが期間工として働くモチベーションは何ですか?



おそらく、給料が魅力的だと感じている方が多いのではないでしょうか。



期間工は「稼げる」イメージが大きく、事実、無料で住み込める寮を完備していたり、満了金などの充実した手当があったりする会社がほとんどです。



確かに、未経験者がすぐに出来る仕事で、期間工ほど短期間で100万、200万の貯金ができるようなものって他にないですよね。



ですが、私としてはせっかく期間工になったのであれば正社員登用を目指した方が良いと思っています。



なぜなら特別な就職活動をしないでトヨタなど大企業の正社員になれるのは、期間工だけの特権だからです



 



期間工と正社員の違い~給料~



まずお伝えしておきたいのは、晴れて正社員になったとしても、すぐに給料が急上昇する訳ではないということです。



実際に正社員登用された方がこんな書き込みをしていました。




11: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/02(火) 04:44:13.46 ID:+CtV1mfa0.net



月給いくら?



14: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/09/02(火) 04:47:10.38 id:aIfHqrQ+0.net



>>11

今は手取りで24万くらいですね。人によってはここから色々な福利厚生代が引かれる



出典:【驚愕】トヨタ期間工から正社員になった結果wwwwwwwー思考ちゃんねる




手取りで24万円だと、期間工の方でも残業や手当てがある程度入れば超えられるため、そんなものかと思う方もいるかもしれません。



期間工と正社員の給料で一番の違いはボーナスです。



期間工の働き先としても人気が高いトヨタの2016年のボーナス実績は、なんと、脅威の月給7.1か月分です。



月給が25万円だとしても、ボーナスだけで180万円近くもらえてしまうんですね。



業績にもよりますが、自動車の大手メーカーでは毎年5~6か月分くらいがボーナスとして支給されるので、年収が高くなる傾向にあります。



更に、日給制と月給制というのも大きな違いになってきます。



期間工は日給制もしくは時給制ですので、働いた時間や日数に応じて給料が増減します。



長期休暇はリフレッシュできてありがたい一方で、その月の給料が減ってしまうという一面もあります。



正社員になれば、毎月支払われる基本給は一定なので、長期休暇があったとしても給料が減ってしまうことはありません。



また、正社員は勤続年数や昇進によって基本給がどんどん上がっていきます。



期間工から正社員になってすぐには収入の違いを感じにくいですが、長く勤めれば勤めるほど月給の差が生まれます。



月給はそのままボーナスにも繋がるので、定年とは言わず10年で見たとしても、収入の違いは如実に現れてくるでしょう。



大手自動車メーカーであれば、正社員に退職金制度を設けているのも収入の違いの一つですね。



 



期間工と正社員の違い~待遇~



給料だけが期間工と正社員の違いではありません。



期間工は契約社員なので、そもそも勤められる期間が2年11ヶ月までと決まっていることはご存知の方が多いでしょう。



そのため、契約を満了するとそのまま無職になり、再び仕事先を探さなければいけなくなります。



長期休暇や有給に関しては期間工でもとる事ができます。



ただ、福利厚生は正社員とは別に改めて定められているので、日数などに正社員と一部違いが出てくるかもしれません。



 



期間工から正社員になるための3つの試練



ここまで正社員のメリットについてお話してきましたが、正直なところ、



「正社員になったほうがいいなんて分かってる!なれるものならなりたい!」



と思っている方がほとんどじゃないかなと思います。



ネットで正社員登用制度について調べると、「実際に登用される期間工はごく僅かだから目指すだけムダ」といった情報をちょくちょく見かけます。



中には「期間工を集めるための名目だ」と言っている情報までありますが、そんなことはありません!



トヨタの期間工公式採用サイトを見ると、2016年度の社員登用実績は377人と書かれています。



毎年何千人も期間工として雇用されるので、狭き門であることは否定できませんが、こうやって実績を見ると自分でもなれそうだと思えてきませんか?



期間工になった人の全員が正社員を目指しているわけではなく、なるために必要な要素もハッキリしています。



ここにまとめた、3つのポイントさえ押さえれば正社員登用は現実的に目指せます。



 



1.毎日の仕事を真面目に取り組む



期間工から正社員になるには試験を受けて合格する必要があります。



その中には面接があり、期間工としての仕事に対する姿勢も評価対象になります。



遅刻常習犯で業務もミスばかりしていた人と、真面目に業務に取り組みながら改善提案を積極的にしていた人なら、あなたはどちらと一緒に働きたいですか?



 



2.社員と積極的にコミュニケーションをとる



正社員登用試験は、希望すれば誰でも受けられるものではありません。



社員からの推薦がなければ受験資格がそもそも与えられないのです。



なにも、毎日一緒に飲みにいくほどの仲良しになる必要ありません。



休憩所などで会った際は自分から挨拶をしたり、日々の改善提案などを投げかけたりすることで自然と覚えてもらえるようになります。



ちゃんと仕事をしてくれて、気持ちよく話せる人には、社員のほうから「試験を受けてみないか?」と声が掛かります。



 



3.筆記試験と面接の対策



正社員登用を勝ち取るには、筆記試験にも合格しなければいけません。



といっても難しい問題が出るわけではなく、SPIと呼ばれるような基礎的な能力を判断されます。中学程度の算数や国語の問題が出るので、推薦をもらったら参考書などで軽く復習してみるのも良いでしょう。



筆記試験よりも面接のほうが重要になってくるので、志望動機や期間工で働きながら得た学びなど、班長などに時間を作ってもらって、的確に話せるようになる練習をすることも大切です。



 



まとめ



正社員になるために一番大事なのは、



・期間工時代にどれだけ社員の信頼を得られるような行動をしてきたか



真剣に業務に取り組んできたか



という点です。



逆に言うと、毎日コツコツ積み上げていれば自然と正社員への道は開けてきます。



期間工になると、どうしても単純作業ばかりで気が抜けてしまいがちいですが、どうせ働くなら正社員に繋がる時間にしたほうが有意義だとは思います。



期間工という小さな一歩から、人生を変える大きな挑戦をしてみませんか?