期間工ブログ連盟@日本アルプス工場

日本アルプス工場(仮)で働く期間工ブログ連盟

【未経験・初心者向け】期間工が辛い仕事を乗り越えるための方法3つ

f:id:borncrash:20170406140837j:plain

 どうも、スバル期間工の生還者・せいじです。

 

4月といえば新入社員の月! 新しい仕事にドキドキの月!

スバルの期間工にも4月の爽やかな風が吹き出す頃なんじゃあないでしょうか!?

そんな希望も確かにあるけど……

 

正直怖いよなぁ!! 「俺、ちゃんとやってけるんだろうか?」とか不安抱いちゃうよなぁ!!

 

っていうのがね、期間工ってお給料は良いけどその分離職者も多い仕事で、生き残って行くのはそれなりに大変です。特に僕みたいなヒョロガリ(172cm・55kg)だとその難易度が途端に増すの

 

未経験で期間工になる人がきつい仕事に押しつぶされないために 

そこで!!

当時の僕と同じく、これから期間工として働こうというルーキーに、僕がこの大変な期間工の仕事を乗り切るために意識的に身につけた習慣を伝授するので是非参考にしてほしい。

この内容を頭に入れておいてくれれば赴任後、多少自分にとって厳しい状況に陥ったとしても対処可能になると思う。

 

ほんま、この習慣がなかったら期間工乗り切れなかったトコもあるから

 

どんなにきつくても風呂にはなからず入る

 「またまた~! 何すかその所帯じみたアドバイスwww」とか思ってるそこのキミ!

 

お前は何も分かってない!!

 

期間工っつーのは毎日が筋肉痛との戦いなわけよ。慣れない着任直後は特に

そして8時間の肉体労働を終えてこの身体に残るのは「乳酸」という魔物!

 

きつい! もう動きたくない! このまま寝ちゃいたい! 

 

そんな弱気心が体を支配する中、自分に負けず風呂に入ってその乳酸を排出した者のみが明日の勤務を元気に乗り切ることができるんだよ!!

 

もはやアスリート。俺たちは「自動車を組み立てる」という競技を通して高みを目指すアスリートなのだ。

 

いやでもマジで筋肉痛って仕事上の死活問題で、僕らがいかに「筋肉痛でお手手痛いよー」って泣き言言っても自動車のラインはそんなん聞き入れてくれない。

人の心を持たぬ鉄の要塞は筋肉痛程度ではそのラインを止めてはくれないのだ。

 

そのためにはいかにその筋肉痛を克服するかなんだが、これに関しては今回取り上げている「風呂に入る」「湯船につかる」くらいしか僕らにできることはないんだなこれが。

え? 湿布? そんなもんだけで乗り切れると思ってるのかー!! ナメるんじゃない!

しかも毎日だぞ!? 湿布代で給料減るだろうが!!

 

いやほんま、僕一回だけ勤務後の入浴をシャワーで済ませたことがあるんだけど、翌日の身体の重さが違う。鉛持って歩いてるみたいな気持ち

その日を境に僕は毎日20~30分は必ずお風呂に入って湯船につかることにした。

そして身体のいたるところを入念にモミモミモミモミ……

 

これだけで翌朝の目覚めの良さと筋肉痛の治癒具合が全然違う。

全身浴の効能を、まさかスバルの寮で知ることになるなんてとても驚きだけど、以降僕は1日も欠かすことなく湯船につかるようにしました。

 

何度も言うけど、マジで風呂はバカにできんからな!!

幸いスバルの寮は風呂代などかからないので自由に出入りできる。お得ゥ☆

 

ごはんをよく噛む

 「オイオイオイいい加減もっと説得力のある習慣を説明してくださいよwww」とか思ってるそこのチミ!!

 

お前は何も分かってない!!(二回目)

 

期間工って仕事は適当なところで休憩をとれない仕事だから、トイレなんてーのも気軽に行けないわけだ。

ちなみに僕は胃腸がすっっっっごく弱くて、期間工就業以前は8時間の勤務時間の内、多い日は10回トイレに駆け込むほどの熱血トイレマンだった。

 

しかしこのスバル矢島工場に着任後は業務時間中に「すいません、トイレ!」と業務を中断してしまったのはたったの1回だ。(もちろん、ちゃんと上司と交代してラインは止めなかったよ!)

 

胃腸の弱い人が「うっ!」となる原因の一つは消化能力が低いことが挙げられる。これが一番の難敵でもあるし

そのため他の人と同じような食生活・食べ方だと身体が追い付かないのは仕方ないことだ。

だからこそ僕は噛んで! 噛んで! 噛みまくった!!

 

もうね、ごはんがペースト状になってこのまま飲み物として発売できるんじゃないかったくらい噛んだ。(お食事中の人すいません)

そのおかげで僕の矢島工場におけるトイレトラブルは飛躍的に発生率を低くすることができたのだ。

 

たぶんこの習慣がなかったら日に最低2度くらいは上司に泣きついて「トイレ番長せいじ」として課内で吊るしあげられたことだろう。本当に良かった

バッチい話だが、体調管理の一旦なので決して侮らないでほしい。敵は風邪などの外的要因だけじゃない! 己の中に敵を潜めていることも忘れるな!!

 

期間工を経験していない人にはわからない「トイレ事情」をこの場で理解していただけるとありがたい。

 

一行日記をつける

 先ほどの体調管理系と打って変わって今度はメンタルを支える習慣だ。

 

期間工という仕事は入りたての人間からすると相当キツイ。多少体を鍛えた程度じゃ「楽チンじゃん♪」なんてことには到底ならない。

就業2週間以内の大体が「あーキツイ……もう明日仕事行くのイヤや……」という精神状態に陥る。

 

そう、まさに一日一日が勝負! 負ければ欠勤! バックレはもはや滅亡!

そんな戦いの中で僕が実施していたのが「一行日記」だ。

 

別に気の利いた文章じゃなくてもいい。なんだったらカレンダーに「○」一つでもいい。

自分が確実にその日を乗り切ったという証をどこかに残すこと。

僕の場合はカレンダーの日付の余白に一言書いたりしてその日を終えるようにしていた。

 

コレが溜まるとなんとも誇らしい気分になるんだコレが!!

 

元々日記をつけること自体、自分の考えを頭の中で整理する上ではかなり有用な手段だと言われているし、何か言葉をアウトプットすることはストレスの軽減にもなるのでやらない手はない。

実際のところ僕は入社3日目あたりから「キッツイわ……」で始まり、結局勤め終えるその日まで一行日記は欠かさなかった。止めると心が折れそうな気がしてね……

 

もうね、最終勤務日を終えた日の日記を書き終えた日には何とも言えない気持ちになったね。目頭が熱くなるっつーか

 

人間関係が少ない分、メンタルケアに関しては無視されがちなんだけど、どんな仕事でもストレスは溜まるので自分の心としっかり向き合って毎日を乗り切ってほしい。

というわけで、セルフメンタルケアの習慣でした。

 

その他、きつい期間工仕事を乗り越えるために・・・

 僕が意識してやってた習慣はこんなもんだけど、そのほかにも気をつけておくべきことはいっぱいある。

 

たとえば「夜更かしはしない」とか。これは習慣として根付いてはいなかったし、もともと夜更かしするタイプだったので苦労したけど、睡眠時間が少ないとホント仕事がキツイの!!

 

でもさ、日ごろハードな仕事をこなしてるんだから、自分へのご褒美ってほどじゃないけど夜更かししたくなるじゃん? ちょっとネットサーフィンとかやってたらもう0時とかってあるじゃん?

 

でもそこは我慢して!! マジで夜更かしが常態化すると仕事がキチンとこなせなくなって怪我とかの元になっちゃうから!!

だから僕はどんなに遅くとも夜10時には寝てました。早い時は8時45分。(日中勤務の時)

こんだけやっても毎日ヘトヘトだったってんだから睡眠時間の大切さは分かって頂けると思う。

 

あと食事面について「よく噛む」って話はしてたけど、食事自体には触れてなかった。

これね、3食絶対食べた方がいいからね?

僕もともと朝食抜く派だったんだけど、期間工になって変わった。やっぱそれなりの体力使う仕事は絶対に朝食は必要!!

 

コレも1回寝坊して遅刻しそうになったときに朝食抜いてライン入ったんだけど、さすがに無理過ぎて念のために持ってきてたソーセージパンを休憩の度に1個ずつ食って何とか乗り越えたよ。

肉体労働してると自分の体内のエネルギーを消費されている様子が如実に分かってくるのな。デスクワークとは大違いだよ

 

当たり前に出来なかったことができるようになる期間工生活

 ここまで挙げてきた習慣や気をつけることって、誰しもが「当たり前じゃん」って思ってるけどなかなか実行できないこと。

でもその内容を意識づけして行動したおかげで期間工生活中は1回風邪ひいた以外では何の体調不良もなく毎日元気に働いてました。身体も健康、心も健康!(以前はよく体調崩してた)

 

お金をためるために期間工を志してその半ばで残念ながら挫折してしまった人の中にはこういった習慣を身につけられなかったせいで身が持たなくなり辞めてしまった人も多いことと思う。僕も紙一重だった部分はある

 

だからこそ、期間工に興味を持ち、「やるぞ!」と決心をした人には決してそんな風に辞めてほしくない。

 

強制的ではあるが自分のためになる習慣を身につけさせてくれたこの期間工生活は僕の人生の中でも大いに有意義な時間だったと思います。

 

この記事が、これから期間工をやってみようと思う人のお守り代わりになれば幸いです!

頑張って金貯めようぜ兄弟!!

 

 

エンド

著者プロフィール

f:id:borncrash:20170307173544j:plainf:id:borncrash:20170218220956p:plainせいじ

東京都在住:元スバル期間工(2008年) 30代前半男性。(写真は期間工当時)

俳優を目指しながら『にちプチ 【Nichi-Petit】』というブログで日々思うことやプチお役立ち情報をわめいてる。読み手に勇気を与える文章が好きです。