期間工ブログ連盟@日本アルプス工場

日本アルプス工場(仮)で働く期間工ブログ連盟

「もう無理、辞めたい。地獄」期間工がつらい人の対策3つ【経験者直伝】

f:id:borncrash:20170316120831p:plain

 どうも、現場のリアルを知る男! 元スバル期間工のせいじです

期間工をやっていると多分誰しもが一度と言わず何度も考えること、それは

 

辞めたい……

 

つらい……

 

そんなトコじゃないでしょうか。

 

え、俺? あるよ? めっちゃ思ってたよ?

むしろその思考に押しつぶされそうになってあうあうあーってなってた時期もあったよ?

 

そう、こういう思考に陥ることは誰でもあるの。だから心配しないで

あとはその感情をどうやって明日の仕事のモチベーションに転換させるかだと思います。

 

そのために僕がやってたメンタルヘルス的な思考法や考え方をちょっと紹介します!

もうコレマスターしたら最強だから。メンタルオバケになれるから

 

60%の期待と30%の微笑みを浮かべながら読んでくれ! あと10%はテキトーにカバーしといて!

 

期間工地獄は「みんな同じなんやで」精神で乗り切れる

 これね、日本人特有の同調圧力的なアレあるじゃないですか。まあ悪習

「みんなだって苦労してるんやで!」みたいな。言われるシチュエーションによっては「知るかアホ!」みたいな瞬間も多い。

 

しかーーし!!

われわれ期間工には、そんなクソみたいな風習に文句を述べている時間的体力的余裕などなーーい!

 

できることといえば「いかにその考え方をプラスに転じさせるか」

 

自分だけ孤独に闘ってるってつらいじゃない?

 

でも

 

「隣のラインのオッサンも一緒に闘ってるんやな……」

 

って考えたら、少しはそのつらさもマシになってこない?

そらね、「ヨッシャーみんな一緒じゃ運命共同体じゃ仲間じゃ元気出てきたー!!」

みたいにはならないことは分かってるよ? むしろそれは気持ち悪いわ

 

思考の一つとしては微々たる効果だけど、それが数日数週間数ヶ月と募ってくれば、大きな効果をもたらします。

まずは一つ

「コイツらも闘ってる」

 

という戦友じみた感情を持ってみましょう。特に自動車工場などのライン作業は、そこの部分が欠けても進まない仕事なのでそういう意識が得やすいと思います。

 

日本の職場って「戦(いくさ)」大好きだよね。激務を共に乗り越えた同僚の事「戦友」って言う人いるし、現場を「戦場」って言う人もいる。

なんだかんだで自分が誇らしいんだよね。そういうつらさを乗り越えられた自分が

 

んで、そういう風に自分を鼓舞するのって、スポーツや神聖な儀式なんかでも必ず取り入れられる。

ムエタイのワイクルーなんてまさにそれだよね

ワイクルー - Wikipedia

 

こと期間工という仕事は寮暮らしや先行きの不安さなど、体力的な面以外でも考えることは多いと思う。そこで精神的なつながりを持つことは大きな支えになるよ

 

「期間工辞めたい」そんな時は【期間を設ける】

 僕は正直「スバルの期間工はつらい」という部分を20年も30年も直視し続けて行くほど鋼メンタルではありません。

中には「20年期間工やってます」っていうベテランさんも同じ課にいましたが、

 

正直そこまでやってたら「期間工」じゃなくね!?

 

とも思うわけです。期間工の在り方が議論されそうな事例ですね

だってみんなが期間工の面接受けるなり、志望する理由って何よ?

当然「ある期間がんばってお金を貯めるため!」って言うのが大多数だよね?

 

そう、そういう意味では期間工は本来長くやるものじゃないと思うの。

長くやるんだったら正社員登用されるようにがんばる方が良いだろうし、そのことで先行きの不透明さもかなり解消されるはずだから。

 

そして、そのためには確実に達成できる「目標」が必要です。

 

目標は人によって様々だと思う。

 

たとえば

3年以内に500万貯金する!

 

だったり

2年以内に正社員登用される!

 

だったり。

 

僕の場合は「8ヶ月以内に100万貯金する!」だったので、その目標に向かって日々邁進していました。

だってさ、給料日は毎月25日とかだけど、そのまとめて払われるお金というのは、まさに今この瞬間働いてる日給や時給が積み重なったものじゃない?

 

「よし、今日は残業して1万2000円稼いだ!」とかでもイイじゃない。なんだったら俺一人小声でつぶやいてたよ?

具体的なイメージのないままなんとなーく給料貰うより、着実に目標に近づいてる感あるでしょ?

 

そういう意味で言うと僕は毎日カレンダーに1行日記みたいなの書いてました。

「今日はめっちゃきつかったけど何とか乗り切ったぞ!」

「今日の昼食クソ美味かった!」

「今日で勤務1ヶ月達成!! よく頑張った俺!」

 

こんな風に、自分の毎日に少しでも変化や振り返りを見つけて、目標への前進を実感するようにしてました。

これ過去1ヶ月分とか振り返ってみると、地味に面白かったりするよ!

「半月前はこんなこと考えてたのか……」とかしみじみするから

 

身体に無理せず、限界を迎える前に【70~80%くらいで仕事する】

 目標達成のために猪突猛進、がむしゃらに働きまくることも悪くはないと思います。

ただ僕はそんな思考では確実に「うう」ってなってた。入社2週間毎日「うう」ってなってた豆腐メンタルナメんなよ?

 

そういう意味で言うと、音を上げるのは早めにした方が良いです。

 

「スバルの期間工つらいわ……もう嫌や……」

 

こうなってバックレるのと

 

「ちょっときつくなってきたな、上司に相談したろ」

 

こういう思考に行きつくのはどっちがマシでしょうか?

 

もう問答無用で後者だよね。

バックレるなんて本人もまた仕事探し始めなきゃいけないし会社も人員補填しなきゃいけないし、まさにLOSE-LOSEな関係。

 

僕は当時、人員削減のあおりで作業工程が見直され、担当工程が増えました。

当然以前よりきつくなるわけです。

 

もうすぐさま係長に「キッツイです」って言うよね。われわれには言う権利がある!

 

そこで帰ってきた言葉は

「工程はすぐに変えられないかもしれないけど、焦って怪我しないようにしてくれれば良いからね。」

 

うん、状況自体はそんなに変わらないように思えるけど、作業スピードに関する心配事が一つ減るわけですよ。スピード落とせば工程が多かろうと1日の作業量は別に増えてるってワケじゃないからね。発想の転換よ

 

そこで何も言わずマシマシ工程・据え置き作業スピードに勝手に喘ぐのと、上司からそんな言質を取るのとでは心の余裕に大きな差があります。

どんな職場でもコミュニケーションが必要になる瞬間ってのは絶対あります。

 

別に普段からゴマすってろって話じゃなく、ここぞという時はきちんと自分の意志を伝える気概は持っておきましょう。

 

それが自分の負担×給与の折り合いをうまーくプラスに持ってける秘訣です。

意識は70パーよ70パー! 多くて80パーくらい

余裕のない仕事は、自分にも周りにも良くないってことですね。あたりまえ体操~♪

 

激務・つらい期間工も、「少しの工夫の積み重ね」

 ここまで3個ほど「こうするといいよ!」的な話を広げてきましたが、当時の僕・スバル期間工のリアルってこんな感じです。

 

「これやったら一発で毎日の仕事が楽しくなるから! ヤバイよ!」

 

みたいな魔法は存在しません。そりゃ多分ヤバイ薬かなんかだ

だからこそ、少しでも自分をしっかりと保つために以前と考え方を変えてみたり、自分自身のどこかを変えてみたりするわけです。

筋トレなんかもその一つで、体力がつけば仕事って楽になるよね。そゆこと

 

期間工っていうのは長く続ければそれだけ考えてしまうことも多いもの。

だからこそ自分をしっかり律してなきゃ、大切な人生がなんとな~~く過ぎてしまって

 

「あれ、俺には何が残っとるんやろか……?」

 

なんてことになっちゃいます。そしてその思考がまた仕事へのモチベーションを削ぐ要素になるワケですね。あーコワイ

 

そうならないために! やろう! 小さなことからコツコツと!

それがひいては自分を大切にすることに繋がるし、「めっちゃツライ!!」「ちょっとツライ!」に変わることもある!

 

スゲェじゃん!!

「ちょっとツライ……!」くらいなら仕事続けられるだろ? その前はもっとつらかったんだから!

んで今度は「プチつらい!」、その次は「つらくない!」挙句の果てには「フツー!」だな!!

 

ヤバイ。ヤバイよこの進化。ダーウィンもまさかスバルの期間工の記事で進化論を展開されるとは思ってなかったろうなぁ!!

 

ちなみに僕はこの記事でみんなが「フフッ」とかミジンコのハナクソ程度でも思ってくれたらもうミッションコンプリートだと思ってるから。

そしてその微笑みが明日のモチベーションに少しでも繋がればという思いを込めまして、締めの言葉とさせていただきます。

 

スバルの期間工でつらい思いをしているみんな、応援してるぜ!

 

 

エンド

著者プロフィール

f:id:borncrash:20170307173544j:plainf:id:borncrash:20170218220956p:plainせいじ

東京都在住:元スバル期間工(2008年) 30代前半男性。(写真は期間工当時)

俳優を目指しながら『にちプチ 【Nichi-Petit】』というブログで日々思うことやプチお役立ち情報をわめいてる。読み手に勇気を与える文章が好きです。