期間工ブログ連盟@日本アルプス工場

日本アルプス工場(仮)で働く期間工ブログ連盟

【NG例付】デンソーの履歴書で書く志望動機はどう書くべき? 例文集付き

これからデンソーのお仕事に応募するという人が、履歴書の志望動機に書いてはいけないことはあるのでしょうか?期間従業員選考会に行った際にも、面接では履歴書をもとに質問をされます。

そのため、面接担当者が採用したいと思うような志望動機や採用したいと思うような文章を盛り込んでアピール出来る武器になるとも言えます。しかしその逆に、空欄だらけのスカスカな内容で出した場合、やる気が無いと思われてしまいます。

そうならないための具体的にNGな事例を交えて、デンソー期間工に応募する履歴書に書く志望動機の書き方を解説いたします。


デンソーへ応募する際の履歴書の志望動機・一般例文


デンソーは、売り上げが4兆を超える大企業です。様々な職種の募集で多種多様な人たちが働いており、企業ホームページの募集職種を見てみても、実に様々なポジションでの職種で募集しています。

メインは自動車用のシステムや自動車部品を製造・販売しているメーカーなので、接客や営業など、人と接する経験や製造、設計などの経験がある方は、過去の経験を活かしてデンソーという大企業で活躍したいということをアピールすることが出来ます。しかしただ単に知識や経験があるということだけをアピールするのではデンソーの面接担当者には響きません。

なぜなら、デンソーの企業ホームページにも記載しているように、デンソーには「デンソーの価値観・風土」というデンソー社員の社風が掲げられています。そのため、過去の業務経験をアピールして、デンソーが求めるスキルにマッチしていることをアピールすることも重要ですが「デンソーの価値観・風土」の共感する部分を志望動機として書くことで採用担当者の印象もアップにつながります。

まずはデンソーへ応募する際の具体的な履歴書の志望動機の例文をご紹介・解説致しましょう。


1.「給与面などの待遇に魅力を感じました」
「お金が欲しい」を言い換えた形です、率直な言い方ですが、面接官にお金を稼ぐ、つまり満了まで働く意欲があることが伝わります。

2.「運動するのが好きなので、身体を動かす仕事が良かったからです」
運動好きなのをさりげなくアピールするのは好印象です。

3.「満了まで頑張りたいと思います」
会社が困るのは途中で逃げ出されることです、満了までやり抜く思いを伝えましょう

参照:トヨタ期間工のブログ 2016


デンソーの価値観・風土


デンソーに応募する場合、事前にデンソーの会社の社風や価値観を理解しておく必要があります。そこを理解したうえで、面接担当者が「この人はデンソーの価値観・風土に合っている人物だ」という印象を与えられるかどうかはデンソーの募集においてとても重要です。


「モノづくりは人づくり」
この考えのもと、デンソーはこれまで多数の革新的な製品を生み出してきました。社員を大切にするその社風は一人ひとりの成長を促し、それが企業成長の原動力となっています。多様な価値観をもった仲間と様々なことにチャレンジし新しい価値を生み出していく、そんな魅力的な環境がデンソーにはあります。

人事理念
社員一人ひとりが成長し続け、その個性をチームとして高めあう。これがデンソーの強みであり、人事戦略の根幹をなす考え方です。

デンソースピリット
創業から65年以上の時を重ねるなかで、デンソーが培ってきた価値観や信念がデンソースピリットです。デンソーではこの価値観・信念を一人ひとりが日常業務のなかで体現しています。

ダイバーシティ
多様な個性がぶつかり合い、一人では成し得ない価値を生み出す。デンソーは、多様性を活かし進化する企業です。

人材育成
「モノづくりは人づくり」。デンソーは、仕事における挑戦機会の付与と豊富な研修プログラムで人材の成長を後押ししています。

参照:価値観・風土



ではデンソーの期間工へ応募する際の履歴書の志望動機はなんと書く?


次に、デンソーの期間工へ応募する際の履歴書の志望動機の書き方について解説いたします。
デンソーの面接を担当する面接担当者は、多くの応募者の履歴書を見てきた、ある種採用のエキスパートです。多くの履歴書を見たことがある人は、字や書き方でその人の性格を判断するケースもあります。

そのため、マニュアルや市販の履歴書に同封されている「書き方例」をそのまま記載したりすることはNGで、必ずデンソーの企業ホームページを読んで、オリジナルの志望動機を書くことをオススメします。

では、具体的にどうやって志望動機を書けば良いのかといいますと、デンソーの募集が、ほかの募集よりも魅力があるということを面接担当者に印象付けなければいけません。そのためには、ただ単に「デンソーに魅力を感じました」と言っても全く説得力がありません。

説得力のある志望動機を書くためには、事前調査や比較対象などをもとに説明しなければ伝わりません。そのため、なぜデンソーなのか?ということを、他のメーカーのホームページなどをチェックし、比較して情報をまとめてみると良いと思います。

デンソーは自動車部品メーカーの最大手ですが、たとえば志望動機に「自動車部品メーカーに興味を持って…」と書くのであれば、きちんと競合他社のホームページをチェックし、差別化することでより説得力が増します。ちなみに2016年の「自動車部品メーカー世界ランキング」によると、世界第一位はドイツのRobert Bosch社、二位が同じくドイツのContinental社、そして世界第三位がデンソーとなります。

このように、自分で調べた情報をもとに惹かれた内容を志望動機にすれば、掘り下げて面接担当者から質問されても話題を広げていけますので、きちんとデンソーについて調べることが志望動機を書くうえで重要となります。

デンソーの履歴書で志望動機に書かない方がいい例


デンソーの履歴書に志望動機を書く場合、何を書いていいかわからないということから、ついついありきたりな理由を書いてしまったり、書いた理由を聞かれても答えられないような理由を書く人も中にはいます。

志望動機に書いた内容は、面接担当者がなぜそう思ったのか?ということを根掘り葉掘り聞いてくるということを前提に、きちんとそう思った理由まで書けるくらい、説得力のある文章を書くことが重要となります。もちろん、志望動機欄を空欄にしたり「特に無し」などと書くことはNGです。

では、デンソーの履歴書で具体的に書かない方がいい志望動機の例を、期間工の募集を受けた人たちの体験談をもとに解説していきます。

志望動機NG例


やはり「大企業だから」「給与面・条件面に惹かれました」といった、別にデンソーじゃなくても良いとも取れる志望動機はNGのようです。ほかの会社やほかの仕事よりも、デンソーの募集に惹かれたということがきちんと伝わる理由にしましょう。

今回は、志望動機のNG例として「志望動機、8つのイマイチ表現集」という特集で紹介されたものも含め、いくつかのNG例をご紹介します。


 「やる気は負けない自信がある」
 「御社の事業内容に興味がある」
 「御社で勉強させてほしい」
 「人と接する仕事がしたい」
 「やりがいのある仕事をしたい」
 「ステップアップしたい」
 「憧れの仕事」
 「社風が自分にぴったり」

参照:【2ch】受験就活支援ブログ!



志望動機ですが,模範解答はよくわかりません.確実に言えるのは,「給料いい,福利厚生しっかりしてる」みたいなどこの企業も自称してるような事言うのはNGみたいだなってところでした

参照:さめのブログ




志望動機でNGワード

大企業、車が好き、製造業に興味があるなどです
紹介派遣の時のアドバイスにありました

参照:【期間従業員】期間工不採用者専用スレ【落ちた】



デンソーの応募で効果的な志望動機の書き方


デンソーの募集に応募する際、やはり思いつきで書くのではなく、デンソーの企業ホームページや、デンソーが扱っている製品の業界情報を調べたうえで履歴書の志望動機を書くことがポイントです。

なぜなら、面接担当者は言うまでもなくデンソーの価値観・風土に合った人材を採用したいと考えていますし、同じ方向性を持った人物であるかどうかということを、履歴書に書かれた志望動機や面接で話した内容・印象から判断するからです。

その為、デンソーの面接担当者が馴染みのあるキーワードを志望動機に盛り込むことで、面接担当者に「きちんと調べているな」「意欲的だな」という印象を与え、ポジティブな印象につながるのです。