期間工ブログ連盟@日本アルプス工場

日本アルプス工場(仮)で働く期間工ブログ連盟

トヨタの工場で働く期間工社員の正社員登用【試験内容/勤務条件】

 
工場勤務で短期で契約を結び、稼げる仕事として期間工は知られていますが、実は正社員登用があることはあまり知られていないのでしょうか。お金を目的に期間工として働く一生懸命働くことも素晴らしいですが、今回はトヨタ(TOYOTA)の期間工に注目してその待遇と正社員登用の情報を提供します。

試験などはどのようなものがあり、実際に社員になった方はどのような働き方をしていたのでしょうか。

 

トヨタ(TOYOTA)、期間工から正社員へのメリットは?

正社員になる一番の魅力は「長期的に安定して働けること」ですが、単純にそれだけではありません。正社員になると定期的に生産ラインを交代し、様々な場所を経験することで、スキルアップすることができます。

さらに上を目指すと、責任ある立場になり、仕事が増えるのはもちろんですが、その分やりがいも出てくるそうです。

トヨタ(TOYOTA)の期間工は1万円前後の高い日給や各種手当、会社独自の慰労金・報奨金制度等から、金銭面での待遇がよく、短期間でお金を貯めやすいということがあります。しかし、正社員になってさらに上を目指すことで給与やボーナス額がアップし、ゆとりある生活が過ごせるというメリットがあることは言うまでもありません。

 

  
 

トヨタ(TOYOTA)の正社員登用情報

 

トヨタ(TOYOTA)の期間工には正社員登用制度があります。これは期間工なら誰でも正社員になれるというものではなく、所定の試験に合格しなければなりません。

それでは期間工から正社員になった人はどのくらいいるのかというと、2015年度で387人の実績があり、2016年度は500人(系列企業を含めた10社合計では1,000人超え)の正社員登用計画が発表されていました。

ピーク時のトヨタ(TOYOTA)では年間1,000人以上の期間工が正社員に登用されていましたが、2008年のリーマンショック以降、登用数は急激に減少しました。

しかし、ここ数年は持ち直し、正社員登用が拡大傾向にあります。正社員を目指す期間工にとっては、まさに追い風の状況です。

トヨタ(TOYOTA)期間工の正社員登用の方法、試験など

トヨタ(TOYOTA)の期間工から正社員になるためには、まず準社員登用試験を受ける必要があります。試験に合格し、3ヵ月間準社員として勤務した後、正社員登用試験を受けて合格すれば、晴れて正社員となります。

正社員登用試験は面接のみですが、準社員登用試験は筆記(国語、数学)と面接による試験で、以前は年1~2度程度の実施だったようですが、2015年度からは年4回となっています。

準社員登用試験を受けるにも条件があり、第1に期間工として1年以上勤務していること、第2に職場からの推薦があることが必要です。1年以上の勤務経験がある期間工が、必ずしも推薦を受けられるわけではないのが注意点です。

それでは職場から推薦を受けるためにはどうしたらよいのでしょうか。

 

まずは何といっても勤務態度のよさです。社会人として当たり前のことですが、無遅刻無欠勤であること、まじめにきっちりと仕事をこなすことが何よりも重要です。

さらに、実際に正社員に登用された人の話によると、社内のイベントやサークル活動等への参加、職場改善策の提案等、積極性やコミュニケーション能力も大きなポイントになるとのことです。

準社員登用試験は、1回あたり500人前後が受験します。2016年度で考えると、年4回の試験で500人が正社員に採用されたとすると、受験者の4人に1人が合格するという割合です。ラクに合格できる数値ではありませんが、チャンスは大いにあります。

 

まとめ

 

期間工から正社員になりたくても、年齢等の問題を不安に思う人もいるでしょう。そういった場合、正社員登用人数が多い会社を選ぶのも一つの手です。

アイシンAWは、トヨタ自動車や豊田通商等のトヨタグループ13社に含まれるアイシン精機の子会社で、2015年度の正社員登用人数は、トヨタ(TOYOTA)の約1.76倍となる679人でした。40代、50代の期間工も多く、比較的正社員になりやすいと言われている会社なので、会社選びの際に選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

【期間工求人を見つけたい?】求人サイト『工場ワークス』の使い方と評判

期間工は企業によって給与形態や手当などの特色が様々です。寮がきれいなところ、社員食堂が安いところ。給与が高いところ、残業がないところや日勤のみのところなどです。そんな各期間工の待遇を普段ご紹介していますが、今回はそのような求人情報を確認するためのサイト『工場ワークス』の使い方と評判を紹介します。

求人サイト工場ワークスとは

求人サイトの「工場ワークス」とは、製造業・工場の仕事に特化した日本最大級の求人サイトです。

普通の求人サイトなら、さまざまな職種・業種をとりそろえているところ、

工場ワークスでは製造業・工場の仕事に特化しているからこそ、期間工を希望する求職者にとっては利用しやすいものとなっています。

工場ワークスの大きな特徴は、その抱えている求人数の多さです。

2017年3月現在で、求人数は26,684件にものぼります。

一定の地域に限定せず、全国各地の求人情報を抱えているため、求人数が多く、希望の求人情報が見つけやすいという特徴があるのです。

製造業・工場勤務といっても、その作業内容はさまざまです。

自分の得意分野がある方は、そのような角度からも求人検索ができるという強みもあります。

たとえば検品や検査といった作業から、調整や仕分け、梱包やピッキング(この辺りは女性の期間工が配属されることが多いそうです)というような軽作業はもちろんのこと、これ以外にもクレーンやフォークリフトといった重機操作の仕事まで、実にさまざまな仕事を取り扱っています。

また、工場ワークスは、web上のコンテンツが充実しています。

仕事検索だけではなく、「工場タイムズ」というコンテンツがあるのですが、こちらでは仕事内容や、仕事のコツなどについて詳しく紹介されています。

そのため、まだ製造業・工場勤務の経験がなく、はじめて工場勤務、期間工などへの雇用を目指す人にとっても、未知の世界を詳しく知ることができるでしょう。

これ以外にも「寮のあるお仕事特集」や、三重県限定コンテンツ「GOODジョブ三重」など、見て発見や得をすることのあるコンテンツが充実しているため、求人検索の意欲やモチベーションも高まります。

このような特徴をもつ工場ワークスだからこそ、ここで仕事をみつけた求職者は数多く、求人数はさらにアップし続けているのです。

工場ワークス期間工の求人情報検索方法

工場ワークスではさまざまな求人検索機能がありますが、最も利用しやすいのはトップページの検索機能でしょう。

他のアルバイト情報サイトや雇用求人のサイトでも検索機能は重視されるものです。

工場ワークスももれなくこの「検索のしやすさ」に重点をおいています。

トップページでは、「らくらく検索」機能があり、「都道府県」×「人気の職種・特徴」×「給与形態」「給与金額」の4つの項目を選択することで、効率的にあなたの希望に最も近く、最も合致する求人を表示することができます。

「都道府県」は、トップページから「北海道・東北」「関東」などの全国各地を選択すると、その地域の「工場ワークス」へ飛ぶようになっています。

とくに充実しているのは「人気の職種・特徴」です。具体的には「組立・組付け」「検品・検査・調整」「仕分け・梱包・ピッキング」「フォークリフト」「加工」などが人気の職種として選択できるようになっています。さらに「ミドル歓迎」「未経験・初心者歓迎」「日払い・週払い」「土日祝日休み」「女性が多い職場」という特徴も選択できるようになっているので、ミドルだけど大丈夫かな?女性だけど自分だけじゃないかな?と不安な方も安心して求人検索によって、自分の希望に合う求人を見付けることができます。

このような「らくらく検索」は効率的に希望に沿った求人や仕事を見付けるのに役立ちます。

でも、自分なりの譲れないこだわりがある場合は、トップページから少しスクロールしていくと「人気の条件から探す」「勤務地から探す」「業種から探す」といった複数の求人検索機能があるので、こちらを利用することをおすすめします。

とくに「人気の条件から探す」の中にある「詳細条件から探す」では、多くのこだわりを選択することができます。たとえば、「正社員登用あり」「カップルOK」「資格・免許取得支援あり」「ワンルーム寮」「家族寮あり」などの嬉しい、そして珍しい条件検索機能もあるので、ダメ元でチェックをいれて検索してみましょう。

きっとあなたの希望に最も近い求人を見付けられるはずです。

工場ワークスの評判

では、実際に工場ワークスを利用している人からの評判はどうなっているのでしょうか。

よい評判と悪い評判とにわけて挙げてみました。

<よい評判>

・職歴がないのでなかなか就職できずに困っていたが、工場ワークスで求人を見付け、面接を受けに行ったら、すぐにその場で採用が決まった!

→職歴のない方でも採用される求人がある!

・一人暮らしでなかなか貯金ができず、寮付きの仕事がないか工場ワークスで探していたら、大手自動車メーカーの期間工に合格。直接電話で申し込みができるから、その他のサイトと違って個人情報をあれこれ入力しなくてよいのが面倒じゃなくてよかった!

→申し込みまでの段取りが早い!簡単!

<悪い評判>

・求人が多いのはいいが、似たような求人が多くて見にくい(同じメーカーからの求人なのに派遣会社が違う)。

→製造業・工場限定の求人サイトだから、同じような求人が多い!

悪い評判は少なく、その中でも似たような求人があることは、製造業・工場に特化した求人サイトだからこそ生じるデメリットに過ぎないのではないかと思われます。

よい評判は、とにかく求人の数がたくさんあって、しかも申込、内定までのスピーディさを評価するコメントが目立っていました。

総合してみると、よい評判の方が多く、安心して利用できるサイトであることがわかりました。

まとめ

期間工の仕事を希望している求職者の方にとって、工場ワークスは非常に利用しやすい求人検索サイトであるようです。

求人数の多さもさることながら、大手メーカーの求人も多数あり、さらに細かいこだわりを設定して検索することができるので、他のサイトでは見つけられない求人も効率的に見付けることができます。

大手メーカーの求人は、手当の手厚さは言わずもがな、やはり安心感があります。

日本最大級の製造業・工場に特化した求人サイトだからこそ集められる求人が数多く取り揃えられていることも強みです。

期間工を希望する方は、ぜひ一度利用してみてはいかがでしょうか。

スバルの期間工で38.5℃の熱出して働いた思い出【病気】

f:id:borncrash:20170324180655p:plain

 元スバルの熱血期間工(自称)のせいじです!

 

雨ニモマケズ 風ニモマケズ 病気ヤ怪我ニモマケヌ

サフイウモノニ ワタシハナリタイ

 

ということで…… 

 

みんな熱出したときどうしてる……?

 

 選択肢①→そら休むやろ

 

 選択肢②→いやいや働くやろ甘えんなや

 

 選択肢③→熱高すぎワロタwwww

 

こんなトコでしょうか。

僕は今となっては何の迷いもなく①を選択します。選択肢③は末期ですね。今すぐ病院に行きましょう

 

そしてこれを受けて思うこと……それは

 

自分の身体より大事なものは無い!

 

自分の身体が元気じゃなけりゃ、大切なファミリーも養っていくことができないし、壊れた身体はちょっとやそっとでは修復されません。

それを無視してまで働くなんて未来を見ていない愚か者のすること!

それくらいの意気込みで毎日を過ごしています。

 

しかーーし!!

期間工時代の僕は違いました。熱血期間工の異名を持っていた僕(自称)としては、金を貯めることだけにご執心だったので、選択肢②のような感じで体調がちょっと悪いくらいではへこたれず自動車をひたすら組み立ててました。

 

その姿はまさにモーレツ社員(期間工)!! 72時間働けますか―!!(働けませーん!!)

 

そしてやってくる限界……

人間とは心意気だけでは生きて行けないという現実をまざまざと見せつけられる瞬間でもありました。

 

38.5度の世界

 その日僕は朝からなんだか違和感満載でした。ちょっと関節が痛むし、頭もフラフラする

 

しかし、僕の部屋に体温計などという最先端機器は置いてあるはずもなく、自分のおでこに手を当てて

 

「熱とかはないみたいだなー。気のせいかなー」

 

とかのんきにスルーしたんですね。

今思い出すとこのくだり、ほんとアホですよね。熱がある人間は全身の体温が上がってるから自分を触っても熱いなんて思わないんですよね。他の誰かにやってもらわんと

まあそれにも気付かないくらいこの時点で熱があったってことなんでしょう。すでに頭を蝕まれていたとは……

 

んでいつものように送迎バスに乗り職場に向かう。

そこでふと思う

 

お、今日はいつにもましてバスの揺れ激しくね? なんか俺エチケット袋欲しくなってきたよ?

 

そらそうよ、お前熱あるもん。揺れてんのはバスじゃなくてお前な

 

そうして自分をだましだまし職場に行かせ、いつものように作業着と仕事用の装備を装着してラインに入る……

 

いつもの作業内容、いつもの作業負荷、いつもの工場内の風景……

しかし何かが違う……

 

そんな違和感を覚えつつも僕は最初の1時間を普通に終える。この時点ではまだそこまで壊れてなかった

そして短い休憩時間を終え、またラインに入る。そして休憩、そしてまたラインへ……

 

その繰り返しを3回ほど繰り返したあたりだろうか、気付けば座った状態から立ちあがることさえ中々うまくできないようになってしまった。

 

「おいせいじ、大丈夫か?」

 

心配した同課の先輩社員が声をかけてくれる。僕はここでへこたれてはイカンと思い、

 

「大丈夫っす! なんかちょっと昨日の疲れが残ってるんですかねハハ……」

 

とか乾いた表情で答えていた。今思えばこの時「ダメです……」って答えとくべきだったと後悔してる

 

しかし自動車のラインは僕がどんな状態であろうと待ってはくれない。

まさに唯我独尊! 己の覇道を邪魔する工員などいらぬわ!

とでも言わんばかりの無慈悲なラインスピード。

 

それでも僕ががんばろうとする理由は2つあった。

 

一つは同課に「サボり魔」がいたこと。

この人はおサボりが過ぎるあまり、みんなからの評価がすこぶる低かった。どこの職場でも真面目に勤務する人間の方が評価されるのは世の常だ。

だから僕も居心地のいい職場にするために、おサボりなんていうプレイは絶対にやらないと決めていた。

 

二つ目は「皆勤手当」だ。どこの工場系の会社も大体取り入れているであろうこの制度、1円でも多くの貯金をしたいと思っている僕にとっては体調の悪さを押してでもゲットしたい貴重な財源でもあった。

そして自分の中で一番大きな比重を秘めていた理由もコレ。

 

とにかく「皆勤手当」は外せない!!

 皆勤手当ってどれくらいか知ってる……?

企業によってはホワイトカラーでも5,000円とか10,000円とかはちらほら見るよね?

驚くなかれスバルは30,000円ッッ!!

これは外せないだろぉおぉお!! これを「はした金」とか呼べるヤツは人じゃねェエェェエ!!

っていうか3万の金額を無視できる人間はそもそも期間工で頑張って金貯めようなんて思わねぇ!!

 

だから僕にとってこの「皆勤手当」という「がんばったで賞」は期間工当時、何物にも勝る努力の結晶であり将来への大切な積み立てでもあったのだ。

 

それを今、このクソみたいな発熱に奪われようとしている!!

このクソ熱がぁあああああああ!!

 

僕は憤った。そして誓った……

 

どんなことをしてでもこの日の勤務を乗り切ってみせる!! ……と。

 

奇しくもその日は金曜日。勤務日としては週の一番最後に当たる。

ここを乗り越えれば土日と休みが続き、滋養を取るには十分な時間が確保されていることになる。

せっかくの土日休みをそんなことに使うのは本当に不本意だが背に腹は代えられない。

すべては皆勤手当のため!! 今週の土日は泣くしかない!!

 

部品をセットしている最中、部品を補充している最中、機器の点検をしている最中、いついかなる時でも、一瞬でも力を抜いてしまえばそこで崩れ落ちてしまう。

そんなスリルにも似た気持ちの中仕事を続けていると……

 

「おーいせいじ! 大丈夫かぁ!?」

 

フォークリフトで工場内の部品を供給している先輩社員から心配する声が聞こえた。

 

そして、それから先は僕自身もよく覚えていない……

唯一覚えているのは「ダメだこりゃあ!!」というその先輩の声だけ。

 

あとから聞いたところ、僕はアヘ顔ダブルピースで先輩に無事をアピールしていたらしい。これは見ただけで危険が伝わってくる光景ですね

 

スバルフィーバー!!

 気付けば1時間ほどの作業時間を終え10分ほどの休憩時間に。

しかしもう休憩室に足を運ぶだけで精いっぱい。それ以上体が動かない……

もし僕がロボットだったらコントロール画面にデカデカと「OVERHEAT!(オーバーヒート)」と表示され機能停止に陥ってたことだろう。そんだけ深刻

 

そこでついに周囲も見かねて熱を計るよう勧めるわけだが、そのときの体温は実に38.5℃!!

 

これが普通のデスクワークだったらまだ「うわー熱っぽいわ……今日は手ェ抜いて仕事しよ……」とかのん気なことを言ってられるのだが、ここは巨大なラインが無慈悲に流れゆく鉄の要塞。

まずもって「手を抜く」という行為自体が許されない戦場なのだ。慣れれば少しはどーにかなるんだろうけど

 

とにもかくにも僕は38.5℃という超ド級の難敵を前に、ドクターストップならぬボスストップが宣言された。そらアヘ顔ダブルピースやってたなんて聞いたら上司も心配するわな

 

僕は即座に業務用装備一式をキャストオフされ、係長の車に乗せられた。

係長の車はスバル・レガシィ。さすがスバル社員、身の回りはばっちりスバル化されているんですね……

 

本当はもう2時間ほど頑張ればその日の勤務も晴れて終了となり、とりあえずのところ皆勤手当てから遠ざかることのなかった状況だっただけに非常に悔しい!!

日もだいぶ短い年末の一幕……とりあえず車の中黙っていても何か気まずいってことで、運転中の係長にちょっかいを出す。

 

ぼく「係長は風邪とか引かないんですか?」

 

係長「全然引かないよ。もう10年以上引いてないな」

 

この男……できる……!!

あんな大変そうな職場なのにいつ見てもケロッとしている。彼は鋼の肉体を持つ男だったのだ。なんてこった!!

自分の軟弱さがうらめしい

 

とりあえず寮に到着し、送ってくれた係長にお礼を言って部屋に直行……からの流れるような身支度で最寄りの病院へ。

不幸中の幸いはその週が朝からの勤務だったため、病院はまだ開いていたことかな

 

体力の残っていない今の僕では、そこ数百mくらい離れた病院に歩いていくことすら大冒険。病院に着くころには体温も38.8℃まで上昇していた

 

医者「おお~、これは完全に風邪だねぇ~」

 

ぼく「はい……(いや分かってるわさっさと薬出してくれよ……)」

 

医者「インフルエンザじゃなくてよかったね~」

 

ぼく「!」

 

ここで僕は気付いた。インフルエンザとかいう伏兵の存在

風邪ならまだ滋養を取れば早急に治る見込みがあるが、インフルエンザ、てめーはダメだ。

こいつにかかれば1週間は余裕で吹っ飛ぶ。もう皆勤手当とかそんなレベルじゃない

僕は今後のために対策しておく必要があるとにらんだ。

 

ぼく「あのう……インフルエンザの予防接種とかって今受けれるんでしょうか……?」

 

医者「え!? 今!? やめたほうがいいよ、ホントに(インフルエンザに)なっちゃうから! 風邪が治ったら打ってあげるからまたおいでw」

 

なんじゃそりゃあああぁあぁぁあ!!

来たくもない病院に満身創痍でやってきたってーのにこれで終わりかよ!?

……と思ったんだが無理もない。風邪で弱った体ではインフルエンザの予防接種でも発症してしまうケースがあるんだとか。そら仕方ないわ

 

というわけで薬だけもらってトボトボ帰る僕。

薬は4日分もらったけど、4日なんてとんでもない! まだ休めってか!

欠勤を少しでも減らしたい僕はその日からコンビニで栄養のありそうな食物を買い漁り、毛布に包まったまま暖房MAXでひたすら寝ていた。

その対策が功を奏してかよく月曜日には元気に出勤してまた自動車を組み立てていましたとさ♪

 

しかし……

病院代・・・初診料込み-3,500円

(回復用の)食事代・・・-3000円

皆勤手当・・・-30,000円

 

合計 -36,500円

 

早退で打ち砕かれた心・・・プライスレス

 

どういうことなの……

たった2時間の早退で、ここまでの経済的ダメージ&精神的ダメージを被るとは。

だがこれに文句を言ってはいけない。期間工としての資質が問われる第一要素としては「身体の丈夫さ」が外すことができないのだ。

今回僕は「風邪」という小ボスクラスのモンスターに敗北してしまった。己の軟弱が恥ずかしい

 

本来ならば早めにインフルエンザの予防接種を受けておき、スバルの工場が位置する「群馬の冬」という敵に対してもっと対策をしておくべきだった。

そうすればあの皆勤手当は今頃……うわぁああぁぁああああ!!

 

この話をここまで読んでくれた人はもう分かってくれたと思う。

「熱を出した状態で務まるほど期間工は楽じゃない」ということが。

だからこその高給取りであるし、だからこそ破格の皆勤手当というものが設定されているのだ。

 

それを忘れて俺は……俺はッッ……!!

 

こうして僕のスバルフィーバーは2日間という短い時間で完治したが、その代償はあまりにも大きかった。

 

だからこそ言わせてもらおう

 

みんな、マジで体調管理はしっかりな! 群馬の冬ってクソ寒いぞ!!

熱が出たら仕事は休め! ヘタすっと大怪我すんぞ!!

お兄さんとの約束だよ!!

 

 

エンド

著者プロフィール

f:id:borncrash:20170307173544j:plainf:id:borncrash:20170218220956p:plainせいじ

東京都在住:元スバル期間工(2008年) 30代前半男性。(写真は期間工当時)

俳優を目指しながら『にちプチ 【Nichi-Petit】』というブログで日々思うことやプチお役立ち情報をわめいてる。読み手に勇気を与える文章が好きです。

「もう無理、辞めたい。地獄」期間工がつらい人の対策3つ【経験者直伝】

f:id:borncrash:20170316120831p:plain

 どうも、現場のリアルを知る男! 元スバル期間工のせいじです

期間工をやっていると多分誰しもが一度と言わず何度も考えること、それは

 

辞めたい……

 

つらい……

 

そんなトコじゃないでしょうか。

 

え、俺? あるよ? めっちゃ思ってたよ?

むしろその思考に押しつぶされそうになってあうあうあーってなってた時期もあったよ?

 

そう、こういう思考に陥ることは誰でもあるの。だから心配しないで

あとはその感情をどうやって明日の仕事のモチベーションに転換させるかだと思います。

 

そのために僕がやってたメンタルヘルス的な思考法や考え方をちょっと紹介します!

もうコレマスターしたら最強だから。メンタルオバケになれるから

 

60%の期待と30%の微笑みを浮かべながら読んでくれ! あと10%はテキトーにカバーしといて!

 

期間工地獄は「みんな同じなんやで」精神で乗り切れる

 これね、日本人特有の同調圧力的なアレあるじゃないですか。まあ悪習

「みんなだって苦労してるんやで!」みたいな。言われるシチュエーションによっては「知るかアホ!」みたいな瞬間も多い。

 

しかーーし!!

われわれ期間工には、そんなクソみたいな風習に文句を述べている時間的体力的余裕などなーーい!

 

できることといえば「いかにその考え方をプラスに転じさせるか」

 

自分だけ孤独に闘ってるってつらいじゃない?

 

でも

 

「隣のラインのオッサンも一緒に闘ってるんやな……」

 

って考えたら、少しはそのつらさもマシになってこない?

そらね、「ヨッシャーみんな一緒じゃ運命共同体じゃ仲間じゃ元気出てきたー!!」

みたいにはならないことは分かってるよ? むしろそれは気持ち悪いわ

 

思考の一つとしては微々たる効果だけど、それが数日数週間数ヶ月と募ってくれば、大きな効果をもたらします。

まずは一つ

「コイツらも闘ってる」

 

という戦友じみた感情を持ってみましょう。特に自動車工場などのライン作業は、そこの部分が欠けても進まない仕事なのでそういう意識が得やすいと思います。

 

日本の職場って「戦(いくさ)」大好きだよね。激務を共に乗り越えた同僚の事「戦友」って言う人いるし、現場を「戦場」って言う人もいる。

なんだかんだで自分が誇らしいんだよね。そういうつらさを乗り越えられた自分が

 

んで、そういう風に自分を鼓舞するのって、スポーツや神聖な儀式なんかでも必ず取り入れられる。

ムエタイのワイクルーなんてまさにそれだよね

ワイクルー - Wikipedia

 

こと期間工という仕事は寮暮らしや先行きの不安さなど、体力的な面以外でも考えることは多いと思う。そこで精神的なつながりを持つことは大きな支えになるよ

 

「期間工辞めたい」そんな時は【期間を設ける】

 僕は正直「スバルの期間工はつらい」という部分を20年も30年も直視し続けて行くほど鋼メンタルではありません。

中には「20年期間工やってます」っていうベテランさんも同じ課にいましたが、

 

正直そこまでやってたら「期間工」じゃなくね!?

 

とも思うわけです。期間工の在り方が議論されそうな事例ですね

だってみんなが期間工の面接受けるなり、志望する理由って何よ?

当然「ある期間がんばってお金を貯めるため!」って言うのが大多数だよね?

 

そう、そういう意味では期間工は本来長くやるものじゃないと思うの。

長くやるんだったら正社員登用されるようにがんばる方が良いだろうし、そのことで先行きの不透明さもかなり解消されるはずだから。

 

そして、そのためには確実に達成できる「目標」が必要です。

 

目標は人によって様々だと思う。

 

たとえば

3年以内に500万貯金する!

 

だったり

2年以内に正社員登用される!

 

だったり。

 

僕の場合は「8ヶ月以内に100万貯金する!」だったので、その目標に向かって日々邁進していました。

だってさ、給料日は毎月25日とかだけど、そのまとめて払われるお金というのは、まさに今この瞬間働いてる日給や時給が積み重なったものじゃない?

 

「よし、今日は残業して1万2000円稼いだ!」とかでもイイじゃない。なんだったら俺一人小声でつぶやいてたよ?

具体的なイメージのないままなんとなーく給料貰うより、着実に目標に近づいてる感あるでしょ?

 

そういう意味で言うと僕は毎日カレンダーに1行日記みたいなの書いてました。

「今日はめっちゃきつかったけど何とか乗り切ったぞ!」

「今日の昼食クソ美味かった!」

「今日で勤務1ヶ月達成!! よく頑張った俺!」

 

こんな風に、自分の毎日に少しでも変化や振り返りを見つけて、目標への前進を実感するようにしてました。

これ過去1ヶ月分とか振り返ってみると、地味に面白かったりするよ!

「半月前はこんなこと考えてたのか……」とかしみじみするから

 

身体に無理せず、限界を迎える前に【70~80%くらいで仕事する】

 目標達成のために猪突猛進、がむしゃらに働きまくることも悪くはないと思います。

ただ僕はそんな思考では確実に「うう」ってなってた。入社2週間毎日「うう」ってなってた豆腐メンタルナメんなよ?

 

そういう意味で言うと、音を上げるのは早めにした方が良いです。

 

「スバルの期間工つらいわ……もう嫌や……」

 

こうなってバックレるのと

 

「ちょっときつくなってきたな、上司に相談したろ」

 

こういう思考に行きつくのはどっちがマシでしょうか?

 

もう問答無用で後者だよね。

バックレるなんて本人もまた仕事探し始めなきゃいけないし会社も人員補填しなきゃいけないし、まさにLOSE-LOSEな関係。

 

僕は当時、人員削減のあおりで作業工程が見直され、担当工程が増えました。

当然以前よりきつくなるわけです。

 

もうすぐさま係長に「キッツイです」って言うよね。われわれには言う権利がある!

 

そこで帰ってきた言葉は

「工程はすぐに変えられないかもしれないけど、焦って怪我しないようにしてくれれば良いからね。」

 

うん、状況自体はそんなに変わらないように思えるけど、作業スピードに関する心配事が一つ減るわけですよ。スピード落とせば工程が多かろうと1日の作業量は別に増えてるってワケじゃないからね。発想の転換よ

 

そこで何も言わずマシマシ工程・据え置き作業スピードに勝手に喘ぐのと、上司からそんな言質を取るのとでは心の余裕に大きな差があります。

どんな職場でもコミュニケーションが必要になる瞬間ってのは絶対あります。

 

別に普段からゴマすってろって話じゃなく、ここぞという時はきちんと自分の意志を伝える気概は持っておきましょう。

 

それが自分の負担×給与の折り合いをうまーくプラスに持ってける秘訣です。

意識は70パーよ70パー! 多くて80パーくらい

余裕のない仕事は、自分にも周りにも良くないってことですね。あたりまえ体操~♪

 

激務・つらい期間工も、「少しの工夫の積み重ね」

 ここまで3個ほど「こうするといいよ!」的な話を広げてきましたが、当時の僕・スバル期間工のリアルってこんな感じです。

 

「これやったら一発で毎日の仕事が楽しくなるから! ヤバイよ!」

 

みたいな魔法は存在しません。そりゃ多分ヤバイ薬かなんかだ

だからこそ、少しでも自分をしっかりと保つために以前と考え方を変えてみたり、自分自身のどこかを変えてみたりするわけです。

筋トレなんかもその一つで、体力がつけば仕事って楽になるよね。そゆこと

 

期間工っていうのは長く続ければそれだけ考えてしまうことも多いもの。

だからこそ自分をしっかり律してなきゃ、大切な人生がなんとな~~く過ぎてしまって

 

「あれ、俺には何が残っとるんやろか……?」

 

なんてことになっちゃいます。そしてその思考がまた仕事へのモチベーションを削ぐ要素になるワケですね。あーコワイ

 

そうならないために! やろう! 小さなことからコツコツと!

それがひいては自分を大切にすることに繋がるし、「めっちゃツライ!!」「ちょっとツライ!」に変わることもある!

 

スゲェじゃん!!

「ちょっとツライ……!」くらいなら仕事続けられるだろ? その前はもっとつらかったんだから!

んで今度は「プチつらい!」、その次は「つらくない!」挙句の果てには「フツー!」だな!!

 

ヤバイ。ヤバイよこの進化。ダーウィンもまさかスバルの期間工の記事で進化論を展開されるとは思ってなかったろうなぁ!!

 

ちなみに僕はこの記事でみんなが「フフッ」とかミジンコのハナクソ程度でも思ってくれたらもうミッションコンプリートだと思ってるから。

そしてその微笑みが明日のモチベーションに少しでも繋がればという思いを込めまして、締めの言葉とさせていただきます。

 

スバルの期間工でつらい思いをしているみんな、応援してるぜ!

 

 

エンド

著者プロフィール

f:id:borncrash:20170307173544j:plainf:id:borncrash:20170218220956p:plainせいじ

東京都在住:元スバル期間工(2008年) 30代前半男性。(写真は期間工当時)

俳優を目指しながら『にちプチ 【Nichi-Petit】』というブログで日々思うことやプチお役立ち情報をわめいてる。読み手に勇気を与える文章が好きです。